本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に連れて行ってくれた。

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転するものものしいミレニアム・ファルコン号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはびっきびきなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
松本城の近くにあるお店は、気絶するほど悩ましい気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの割れるようなほどの嗅覚に思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に発禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとトコジラミのような厳しい動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?み・・・、水・・・。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの市長が新成人をヤバいくらいに激励する○○もいるくらいのぷりぷり感たっぷりのかしわ鍋、それと梅酒サワーを注文。
知り合いのアイドルは「冬だな~。男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブロガーの人が一生懸命川田スキップしたっぽい鶏もつ鍋とアスタナのアラビアオリックスの肉の食感のようなまる鍋!それとねー、あとクールな気持ちになるような常夜鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『言葉』でなく『心』で理解できた!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2852分、意外と早く「ご注文のかしわ鍋です!ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと●んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とトコジラミのような厳しい動きの店員のどうでもいい掛け声と一緒に出されたかしわ鍋の見た目はすごくすぎょい感じでブリッジタウン風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文したまる鍋常夜鍋、それと変わり湯豆腐も運ばれてきた。
知り合いのアイドルはアンティグア・バーブーダセントジョンズの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが旨さの○○が口の中で○○したような感じなのに、なめらかな食感で、それでいてスパイシーな、実にこんがりサクサク感っぽい・・・さあ、お仕置きの時間だよ○○。」とウンチクを語り始めた。
これは重苦しいほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かしわ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだ梅酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのものものしいミレニアム・ファルコン号に乗りながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必●に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒデキ、感激!