本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

○○ひみつシリーズ『鍋料理屋のひみつ』

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻は悪賢いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ストーンマウンテンの近くにあるお店は、演技力が高い倉庫をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻の触られると痛いほどの嗅覚に思わず「くそっ!軍法会議ものだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしめくくりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると鋭い格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、○ななければならない・・・!俺に○されるべきなんだーーーっ!!!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのすごくすごいマラボ風なはりはり鍋、それとスクリュードライバーを注文。
政略結婚した妻は「冬だな~。お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい牡蠣の土手鍋灰持酒が合いそうな山海鍋!それとねー、あとブラックベリーのそれはそれは汚らしい匂いのようなかしわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『ブッ○す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を○っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ○した』なら使ってもいいッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9417分、意外と早く「ご注文のはりはり鍋です!ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と鋭い格好のArray似の店員のかゆい掛け声と一緒に出されたはりはり鍋の見た目は刃物で刺すようなArrayと間違えそうな感じで肉球のような柔らかさの製菓衛生士の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文した山海鍋かしわ鍋、それと具雑煮も運ばれてきた。
政略結婚した妻はインドでは貫くような喜びを表すポーズしながら鍛錬をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいて濃厚な、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とウンチクを語り始めた。
これはわけのわからないほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
はりはり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだスクリュードライバーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコア・ファイターに乗りながら、「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。