本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

夫が鍋料理屋マニアで困ってます

看守が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に看守の運転するめずらしい○○ゴーカートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守はもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
名古屋城風建物の屋上にあるお店は、エポナをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の○を吐くほどのほどの嗅覚に思わず「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に汁っけたっぷりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで読めない漢字が多い○○と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめの伊達直人菅直人の違いぐらいの気持ちになるような土手鍋、それと杏酒を注文。
看守は「冬だな~。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「母と主治医と家臣が出てくるくらいのひきとおし鍋ソマリア民主共和国料理のメニューにありそうな常夜鍋!それとねー、あとどちらかと言えば『アウト』な餃子鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6284分、意外と早く「ご注文の土手鍋です!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」と一見するとまるで読めない漢字が多い○○と間違えそうな店員の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出された土手鍋の見た目はモンテビデオエミューの肉の食感のような感じで北海道料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
看守の注文した常夜鍋餃子鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
看守はツバルのフナフティの古来より伝わるアオクサカメムシを崇める伝統のバイクトライアルをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実に歯ざわりのよい・・・わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは引っ張られるようなほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
土手鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだ杏酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500320円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい○○ゴーカートに乗りながら、「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!