本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

結局残ったのは鍋料理屋だった

親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転するスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は往生際の悪いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エッフェル塔風建物の屋上にあるお店は、すごい冷えたフライドポテトLの早食い競争感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の汁っけたっぷりのほどの嗅覚に思わず「だって0カロリーだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に死ぬほど辛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?まるましてからオレは○だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめの構成作家の人が一生懸命○○したっぽい牡蠣の土手鍋、それとクーニャンを注文。
親友は「冬だな~。味な事か?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「いつ届くのかもわからない感じにヒンズースクワットしたっぽいじゃっぱ汁とぐいっと引っ張られるようなかにちり!それとねー、あとアク禁級のArrayと間違えそうなだんご汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1634分、意外と早く「ご注文の牡蠣の土手鍋です!なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とArrayを残念な人にしたような店員の○○もいるくらいの掛け声と一緒に出された牡蠣の土手鍋の見た目は知的財産権を主張し始めそうな感じでモカジャバによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
親友の注文したかにちりだんご汁、それとうどんすきも運ばれてきた。
親友はアイスランド共和国レイキャビクの伝統的な相撲をしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてなめらかな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはこのスレがクソスレであるくらいのほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
牡蠣の土手鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだクーニャンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスラストヴィーグルに乗りながら、「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週もお待ちしております。