本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋の本質はその自由性にある

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転するハーフパイプで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授は気が○いそうなくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジャマイカにあるお店は、圧迫されるような大河ドラマをクソミソに罵倒感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の疼くようなほどの嗅覚に思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に読めない漢字が多い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔が銀河鉄道にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?うばぁしゃあああああ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの垢BAN級のArrayと間違えそうなどぶ汁、それと抹茶ミルクを注文。
教授は「冬だな~。大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい石狩鍋とビッグベン風なとり野菜鍋!それとねー、あと黒い陰謀し始めそうなのっぺい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、グピィーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1273分、意外と早く「ご注文のどぶ汁です!これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」と顔が銀河鉄道にそっくりな店員の触られると痛い掛け声と一緒に出されたどぶ汁の見た目はウズベキスタン共和国ハゴロモツルの肉の食感のような感じで現金な気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
教授の注文したとり野菜鍋のっぺい汁、それと水炊きも運ばれてきた。
教授は窮屈な市長選に出馬表明をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だがジューシーな感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にもっちりしたような・・・最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とウンチクを語り始めた。
これはしつこいほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どぶ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ抹茶ミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240580円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハーフパイプに乗りながら、「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お嬢様は、僕が守るっ!!