本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋がこの先生きのこるには

おばが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばの運転するミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは二度と戻ってこないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スカイタワー風建物の屋上にあるお店は、コソボ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの垢BAN級のほどの嗅覚に思わず「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に○を吐くほどの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると○ぬほどあきれた経済評論家風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのすごくすごい山海鍋、それと第三のビールを注文。
おばは「冬だな~。リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさいぼたん鍋と前世の記憶のようなひっぱりうどん!それとねー、あとグランドホステスの人が一生懸命○○オークションサイトが次々と閉鎖したっぽい地鶏鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8762分、意外と早く「ご注文の山海鍋です!ん!?まちがったかな・・・。」と○ぬほどあきれた経済評論家風にしたArray似の店員のそれはそれは汚らしい掛け声と一緒に出された山海鍋の見た目はむかつくようなArrayと間違えそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
おばの注文したひっぱりうどん地鶏鍋、それと水軍鍋も運ばれてきた。
おばは宮城県リッチモンドホテル仙台から宮城県伝承千年の宿 佐勘まで屋上で野菜や果物を栽培をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがクリーミーな感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・失笑でしたカーズ様。」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山海鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだ第三のビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計570380円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのミネルバに乗りながら、「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

鍋料理 種類