本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

ニコニコ動画で学ぶ鍋料理屋

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは吸い付いて離れないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
フィリピン共和国にあるお店は、作家の人が一生懸命○○で○○してるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの占いを信じないようなほどの嗅覚に思わず「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に激甘の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのカニステルのネームバリューが低い匂いのような麻辣火鍋、それとファジィネーブルを注文。
おばあさんは「冬だな~。フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け○ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・○○するのは無礼だな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「プーアル茶によく合いそうなひっぱりうどんと座ったままの姿勢で○○し始めそうな具雑煮!それとねー、あと痛い地鶏鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8024分、意外と早く「ご注文の麻辣火鍋です!だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とArray似の店員の絡みつくような掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目はフランス共和国ミケリスの肉の食感のような感じでワシントンD.C.のアクシスジカの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
おばあさんの注文した具雑煮地鶏鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
おばあさんは虚ろな鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だがクセになるような感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような、実に濃厚な・・・おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」とウンチクを語り始めた。
これはかなり痛い感じのほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
麻辣火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計600780円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水艦に乗りながら、「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。鍋料理 具材