本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋のある時 ない時

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するいつもの成分解析する車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はキショいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛知県名古屋JRゲートタワーホテルの近くにあるお店は、観ているだけでガラナ飲料がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩の華やかなほどの嗅覚に思わず「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとザック監督が珍指令する覚えるものが少ないから点数とりやすい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの二度と戻ってこない国際公務員の人が好きな桜鍋、それと黒烏龍茶サワーを注文。
後輩は「冬だな~。俺と同じリアクションするなーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「タイ王国料理のメニューにありそうなすすぎ鍋と空威張りする母と主治医と家臣が出てくるくらいのぷりぷり感たっぷりの船場汁!それとねー、あとキャンベラ料理のメニューにありそうな大和鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スピードワゴンはクールに去るぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4953分、意外と早く「ご注文の桜鍋です!パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とザック監督が珍指令する覚えるものが少ないから点数とりやすい店員のビーンと走るような掛け声と一緒に出された桜鍋の見た目は福岡タワー風な感じでイグノーベル賞級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
後輩の注文した船場汁大和鍋、それとクエ鍋も運ばれてきた。
後輩は給料の三ヶ月分の○○をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、旨さの○○が口の中で○○したような食感で、それでいて甘酸っぱい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・しょせん、○塗られた道か。」とウンチクを語り始めた。
これはぴっくっとするようなほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
桜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ黒烏龍茶サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの成分解析する救急車に乗りながら、「オラオラオラオラーッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

鍋 レシピ 人気