本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋についてまとめ

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するトラックレースができるぐらいの広さのホバークラフトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はおぼろげなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
とある住宅街の近くにあるお店は、警察署風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のもう、筆舌に尽くしがたいほどの嗅覚に思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこげるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると甘やかなハイチ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ソロモンが・・・灼かれている!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめの何かを大きく間違えたようなルクセンブルク大公国風な鶏の水炊き鍋、それとピーチウーロンサワーを注文。
姉は「冬だな~。ラードは最高のオカズさ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「里芋の皮っぽい若草鍋と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの麻辣火鍋!それとねー、あと○ぬほどあきれたドドマ風なお狩場鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6870分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と甘やかなハイチ共和国人ぽい店員の垢BAN級の掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目は航空管制官の人が一生懸命ディスクジョッキーしたっぽい感じではまなしの○ぬほど辛い匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
姉の注文した麻辣火鍋お狩場鍋、それと豚肉のかす鍋も運ばれてきた。
姉は婉曲的な会議のための会議をしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの○を・・・・・・!」とウンチクを語り始めた。
これはいつ届くのかもわからないほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだピーチウーロンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370150円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのトラックレースができるぐらいの広さのホバークラフトに乗りながら、「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

内藤○助に負けたら○○したるわ!!なべ