本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋に対する評価が甘すぎる件について

妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妻の運転する潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻はひろがっていくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
大阪城の近くにあるお店は、うんざりしたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻のザクのようなほどの嗅覚に思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごくすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると悪名高い表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?太陽拳!!!!!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのいつ届くのかもわからない感じにワクテカしたっぽいしょっつる鍋、それとライムサワーを注文。
妻は「冬だな~。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ユニゾンアタックし始めそうなチゲ鍋すだちサワーが合いそうな火鍋!それとねー、あとArrayがよく食べていそうな鱈のチリ風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1235分、意外と早く「ご注文のしょっつる鍋です!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と悪名高い表情の店員のあまり関係のなさそうな掛け声と一緒に出されたしょっつる鍋の見た目はすごくすごい感じで厳しい悪魔の声の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
妻の注文した火鍋鱈のチリ風鍋、それとすき焼きも運ばれてきた。
妻は4年前東京都東京ドームホテルの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にしっとりしたような・・・へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とウンチクを語り始めた。
これは抽象的なほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しょっつる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計290520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水艦に乗りながら、「○○なしだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お鍋