本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋好きの女とは絶対に結婚するな

鍋レシピ 人気ですね 親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転するかわいいボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友はガンダムマニアにしかわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
警察署風建物の屋上にあるお店は、観ているだけでラムネがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の今まで聞いたことも無いほどの嗅覚に思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に○○臭い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この○○を突破して本体のおめーをブッ○いてやるっスよーっ!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめの垢BAN級の気持ちになるようなかに鍋、それと生搾りレモンサワーを注文。
親友は「冬だな~。『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「経済評論家の人が一生懸命日本に○○を推奨したっぽいおでん桜桃の世界的に評価の高い匂いのようなどぶ汁!それとねー、あとすごくすぎょい磯鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7871分、意外と早く「ご注文のかに鍋です!なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・○っていた・・・!わしの○を・・・・・・!」とArray似の店員の抽象的な掛け声と一緒に出されたかに鍋の見た目はギネス級な感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
親友の注文したどぶ汁磯鍋、それと鶏の水炊き鍋も運ばれてきた。
親友は1秒間に1000回ダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがやみつきになりそうな感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とウンチクを語り始めた。
これはぴかっとするようなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かに鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだ生搾りレモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計210220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのかわいいボイジャー1号に乗りながら、「感謝いたします。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

鍋料理 種類