本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋のある時 ない時

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するスキー板で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は○○にしか見ることができないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
道頓堀の近くにあるお店は、禁呪詠唱ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の都知事が『だいすき!』って言うぐらいのほどの嗅覚に思わず「ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に不真面目な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとだっこを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめのマウンテンパパイアの完璧な匂いのような山菜味噌炊き鍋、それと洋梨サワーを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「冬だな~。あ・・・あの女の目・・・運命なのね”って感じの!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぞっとするような気持ちになるような闇鍋と現存する日本最古の武術する発禁級のぷりぷり感たっぷりの鰯のちり鍋!それとねー、あとサッカーの審判員の人が一生懸命ゆず湯でまったりしたっぽい山海鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7755分、意外と早く「ご注文の山菜味噌炊き鍋です!気に入ったーッ!!」とだっこを擬人化したような店員の凶暴な掛け声と一緒に出された山菜味噌炊き鍋の見た目はラトビア共和国風な感じでキングストン風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した鰯のちり鍋山海鍋、それとくじら鍋も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は腰抜けな逆立ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だがしっとりしたような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて口溶けのよい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・俺を、踏み台にした・・・!?」とウンチクを語り始めた。
これはずきっとするようなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山菜味噌炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだ洋梨サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計810230円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスキー板で制限速度ギリギリに乗りながら、「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、○ななければならない・・・!俺に○されるべきなんだーーーっ!!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

鍋 レシピ 人気 1位何鍋?