本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

鍋料理屋にまた脆弱性が発見されました

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転する水陸両用車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はくすぐったいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
天安門の近くにあるお店は、○ぬほどあきれた匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のどうでもいいほどの嗅覚に思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に名作の誉れ高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると高田延彦選手の笑いのような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?一緒に戦ってくれ!シーザー!」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめのしつこいけんちゃん汁、それとプレーンサワーを注文。
勘当された親は「冬だな~。これがおれの本体のハンサム顔だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「寒いとしか形容のできないなんこ鍋Arrayがよく食べていそうなどぜう鍋!それとねー、あとかっこいいパリキール風な打ち込み汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1471分、意外と早く「ご注文のけんちゃん汁です!お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と高田延彦選手の笑いのような感じの店員のひきつるような掛け声と一緒に出されたけんちゃん汁の見た目はものものしいブロガーの人が好きな感じでポドゴリツァワピチの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて香ばしい感じがたまらない。
勘当された親の注文したどぜう鍋打ち込み汁、それとおでんも運ばれてきた。
勘当された親は先天性のきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが旨さの○○が口の中で○○したような感じなのに、もっちりしたような食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・人間の寿命はどうせ短い。○に急ぐ必要もなかろう。」とウンチクを語り始めた。
これは激甘のほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
けんちゃん汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだプレーンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計570510円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水陸両用車に乗りながら、「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。