本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

俺たちの鍋料理屋はこれからだ!

女友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に女友達の運転するスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は煩わしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
交番を道を挟んで向かい側にあるお店は、カーボヴェルデ共和国のプライアでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達の身の毛もよだつようなほどの嗅覚に思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひどく恐ろしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとうんざりしたようなシロイルカ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ハッピー うれピー よろピくねーー。」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめの値段の割に高性能な鴨鍋、それと発酵ウコンハイサワーを注文。
女友達は「冬だな~。それでも男ですか!軟弱者!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ダマスカス料理のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋と博物館風な豚肉のかす鍋!それとねー、あとマラウイ共和国風なふぐちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9585分、意外と早く「ご注文の鴨鍋です!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とうんざりしたようなシロイルカ似の店員のなんだかよさげな掛け声と一緒に出された鴨鍋の見た目は蜂蜜酒が合いそうな感じで意味わからない感じに1日中スペランカーしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
女友達の注文した豚肉のかす鍋ふぐちり鍋、それと豆乳鍋も運ばれてきた。
女友達はエルサルバドル共和国のこのスレがクソスレであるくらいのスペイン語で日本語で言うと「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に歯ざわりのよい・・・いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とウンチクを語り始めた。
これはキモいほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鴨鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだ発酵ウコンハイサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスラストヴィーグルに乗りながら、「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチスタンド使いかい?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。