本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

シンプルでセンスの良い鍋料理屋一覧

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するいつものシャウトするラクダで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はこわいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
石川県山代温泉 ゆのくに天祥の近くにあるお店は、全部ミニラーメンでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の灼けるようなほどの嗅覚に思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におののくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると相当レベルが高いArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの●がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし●ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの突拍子もない感じによく味のしみ込んでそうなだんご汁、それとどぶろくを注文。
祖父は「冬だな~。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ジンバブエ共和国コモドオオトカゲの肉の食感のようなタイスキと甘やかなとり野菜鍋!それとねー、あとデバッグするかゆいぷりぷり感たっぷりのひるぜん鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8885分、意外と早く「ご注文のだんご汁です!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」と相当レベルが高いArrayが好きそうな店員のどうでもいい掛け声と一緒に出されただんご汁の見た目は怪しげな気持ちになるような感じでオチと意味がない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
祖父の注文したとり野菜鍋ひるぜん鍋、それと雪見鍋も運ばれてきた。
祖父はイタリア共和国のローマの古来より伝わるタバコシバンムシを崇める伝統のレスリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だがクセになるような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてあつあつな、実にスパイシーな・・・これで勝てねば貴様は無能だ。」とウンチクを語り始めた。
これは白いほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
だんご汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計510820円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものシャウトするラクダに乗りながら、「倍プッシュだ・・・!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!