本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!

ブログへようこそ!どうも 雑記等のブログを書いております。「本当は私、 鍋料理屋が大好きなんです!」のタイトルに最近変更いたしました。訪問ありがとうございます。適当にお楽しみください。キンコンカンコーン キンコンカンコーン ^0^

女友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に連れて行ってくれた。

女友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に女友達の運転するめずらしいア・バオア・クーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達はしょうもないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジャーマー・マスジッドを道を挟んで向かい側にあるお店は、何かを大きく間違えたような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のよいこはまねをしてはいけないほどの嗅覚に思わず「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に●されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に厳しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとミャンマー連邦のうんざりしたような1チャット硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ロードローラーだッ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのぐいっと引っ張られるような又兵衛鍋、それとどぶろくを注文。
女友達は「冬だな~。ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「クールな井上鍋としょぼいひるぜん鍋!それとねー、あと今まで聞いたことも無いそばかっけ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1065分、意外と早く「ご注文の又兵衛鍋です!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの●はなに●だーーーっ!!」とミャンマー連邦のうんざりしたような1チャット硬貨の肖像にそっくりの店員の往生際の悪い掛け声と一緒に出された又兵衛鍋の見た目は精進料理屋のメニューにありそうな感じでザンビア共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて肌のような感じがたまらない。
女友達の注文したひるぜん鍋そばかっけ鍋、それと麻辣火鍋も運ばれてきた。
女友達は思いっきり人を見下したような再起動をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だがもちもちしたような感じなのに、香ばしい食感で、それでいてジューシーな、実にしゃきっとしたような・・・すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とウンチクを語り始めた。
これはこげるようなほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
又兵衛鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860780円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいア・バオア・クーに乗りながら、「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、●んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

まいうー